公正世界誤謬

公正世界誤謬 (こうせいせかいごびゅう、just-world fallacy) とは、世界は人間の善悪の観念に従って運営されており、すべてが公平であり、良いことが良い人に起こり、悪いことが悪い人に起こるという誤った信念のことです。

世界には公正で正しいことが起こると信じたいという絶望的な願望から生まれたものです。 しかし、世界はあるがままのものです。優しくも残酷でもなく、公平でもなく、不公平でもない。

誤解: 人生のゲームで負けている人は、それに値する何かをしたに違いない。

真実: 幸運の受益者は、しばしばそれを得るために何もしない。悪い人は、結果が伴わない行動で逃げてしまうことが多い。

公正世界誤謬は安全の誤った感覚につながることがあります。自分は自分がコントロールできると感じたいので、悪い行動を避けている限り、自分に害はないと思い込んでいます。悪い行動をする人がホームレスになったり、妊娠したり、中毒になったり、レイプされたりすると思うと、より安全だと感じます。怠け者の詐欺師や詐欺師が出世するのは腹立たしいことです。心の底では、勤勉さと美徳が成功につながり、怠惰、悪、操作が破滅につながると信じたいと思っているので、その期待に合うようにまわりの世界を編集します1

世界は公平じゃないと思うのは最悪ですが、しかし、現実には、悪はしばしば繁栄し、その代償を支払うことは少ないです。