リチウムイオンバッテリーについて

注:これは2020年に書いたものです。バッテリーの進化によって前提が変わる可能性があります。

リチウムイオンバッテリー搭載のポータブルスピーカーとノートパソコンがありますが、バッテリーの長持ちはどうしたら良いか調べました。

まず、バッテリーは一定のサイクル数(100%のチャージ)という概念があります。ある日40%まで充電し、別の日に充電して60%まで充電した場合、40%+60%=100%、つまり1サイクルとなります。

決められたサイクル数を超えるとバッテリーが使えなくなります(突然ではない場合もあります)。サイクル数は製品とメーカーによりますが、基本的に保証期間中に滅びないようになっています。

バッテリーの長持ち

結論、コンセントの近くで使用するときは、必ずコンセントに挿したままにしておいた方が良いです。

簡単な説明

電池のセルには、陽極と陰極の2つの電極があります。好きな電極から嫌いな電極にイオンを移動させることで、電力を電池の中に押し込まれます。イオンが好きなところに戻るため、電力を押し出します。

バッテリーがほぼ満タン、もしくはほぼ空になっているということは、電極の片方がほぼ満タンになっていて、イオンがたむろする快適な空間を見つけるのが難しいというイメージです。彼らは熱くなり、煩わしくなり、場所をぐちゃぐちゃにしてしまいます。イオンが暴れて電極を破壊したり、電極の間の物を破壊したりします。そうなると、バッテリーはもう動かなくなります。

なお、現代のバッテリーに保護回路があり、バッテリーが空になる前にバッテリーを切断します。逆に、満タンになりそうな状態で充電が遅くなります。完全に満タンになる直前に充電が停止されています。

したがって、電子機器はすでに自動的に過放電または過充電の前に停止します(少なくとも機器のバッテリーが保証期間中に滅びないため)。

壁に接続されているときに機器を使用している場合、バッテリーをまったく使用していない可能性があります。